スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット闘病記⑥

どれくらい待合室にいただろう?
多分そんなに長い時間ではなかったように思う。
家に帰ってパパに説明しなきゃ。と帰路に。

今振り返ればボロボロな精神状態でよく運転してたなって思う。

家に帰ると、パパはすぐリビングに来てフラットの様子を聞いて来た。

私は、フラットの余命の事。
退院させるには酸素室を借りて設置する事。
早く連れて帰って来たいと泣いて…
業者に電話をして欲しいとまた泣いて。

パパは早く借りて連れて帰って来ようと業者に電話をしてくれた。

取りに行けば今日の貸し出しが可能との事。幸い我が家から車で40分程の所にあったのですぐに向かう事に。

借りられる事が分かって今度は私が主治医に電話。
酸素室をこれから借りに行くのでその足でフラットを迎えに行きたいと。

一瞬間があったように感じたがその時は気にならなかった。フラットを連れて帰りたかったから。
でもずっと引っかかっていたのも事実で後日、前回の闘病記で書いたけど、あと2~3日は様子を見たいと言っていた事を思い出して一人納得していた。

主治医には大体の到着予定時刻を伝え薬の用意をして置いてもらう事に。

酸素室を借り病院へ。
呼ばれて診察室に入るとそこにフラットの姿はなく…
興奮が予想されるからと今後の注意点とお薬の説明を先にしましょうとの配慮でした。
説明が終わり、先生が
「では、連れて来ますね。」と奥へ。

フラットに会える。でも興奮して心臓に負担がかかったらどうしようなど短い時間に色んな思いが交錯しました。

先生に抱かれて連れてこられたフラットは先生や私達が思った程大興奮ていうわけではなくちょっと拍子抜け
それでもまさかの入院から3日。
やっとこの腕の中に帰って来た。

よく頑張ったね。お家に帰ろう




フラットが帰って来た。
家でくつろぐフラットをパパと撫でながら私は
「耐えられるのかな」と泣きながらボソッとつぶやいていた。
ハッとして
「泣かない、頑張るって決めたんだ」と言い直し、改めて自分に言い聞かせた。

フラットが辛くないように、フラットがフラットらしくいられられるように頑張ろう。

3日間の入院費 89090円
スポンサーサイト

11回目の月命日



闘病記を書き始め、去年の今頃は確かにこの腕の中にいたのにって思いが強くて最近は辛い…

今年も節電の夏…去年はフラットの為に節電は考えなかった。
どうしたらフラットが過ごしやすいのかそればかり考えていた…

考えてあげられる事が幸せだった。

ふぅちやん、今年はふぅちやんを思い出しながら、すごくゆっくりだけど闘病記を頑張って書いてるよ。
ママを応援してね。

ピン留め

レナちゃんママから届いたよ



ゴムタイプのおリボンは頭をこすりつけて毛をみんな巻き込んじゃうから最近はつけなかったんだよね。

ピン留めを探してもなかなかいいのが見つからず…

そんなところに送ってもらっちゃった

とりあえず全部つけてみた



そして今日のバレッタさんはこちら。


イマイチ写真ボケてますが
いい感じでしょ

レナちゃんママ、ありがとう

フラット闘病記⑤

平成23年6月7日火曜日
病気発覚3日目

とにかく時間が空いている時はパソコンの前にいた。
フラットの症状から考えられる病気は何なのか?
他に同じ様な子はいないのか。
なんでも良かった。情報が欲しかった…

でも…調べれば調べるほど私には受け入れ難い事実ばかりだった…
いい情報は何一つ見つけられなかった…

この事実、受け入れなければ…
今この時もフラットは頑張っている。
私が落ち込んでいる場合ではない。
無理矢理自分自身を納得させ午後一でフラットの面会へ。

面会はまたまた窓越しにのぞくだけとにかく興奮させない、心臓に負担をかけないように…その一心で…

昨日の面会後からの様子というと、
食欲も戻り状態は安定しているとのことだった。確かにドア越しに見ても状態は良さそうに見える。

今はとりあえず安定している。でも病状としてはいつ心臓が止まってしまってもおかしくないという爆弾はそのままだ。

思い切って先生に聞いた…

「フラットは後どの位生きられますか?」

先生すごく言いにくそうな顔をしつつ
「ん~…難しいですが2ヶ月…僕が見ていたゴールデンちゃんの子が4ヶ月頑張ってくれました。」

2ヶ月…頑張っても4ヶ月…
あまりに短い…

受け入れ難い事実をネットで調べていたとはいえ、実際目の前で余命を宣告をされた瞬間、崩れ落ちそうになるのを必死で踏ん張った。
涙を堪え、
大丈夫かなと不安そうにこちらを見ている先生に
「大丈夫です。ネットで散々調べてきたので覚悟はしてました。もう、泣かないと決めたんです。
フラットのシコリは心臓血管肉芽腫?というものですか?」

「肉腫、心臓血管肉腫。多分そうだと思います。」

大型犬に多いが小型犬にも発症しないわけではない…

この時の先生との話はうろ覚えだ。
余命を聞いたことで完全にすっ飛んでしまった。

家に連れて帰りたい…残された時間が短いなら尚のこと早く。

退院後、家での生活にまず酸素室を設置してください。とレンタル先を教えてもらった。

あと、2~3日は病院で様子をみたいといっていた。

この言葉、後から思い出したけどこの時は私の頭の中にはなかった。
それほど衝撃はやはり大きく診察室から出た後待合室でまた座り込んでしまった…

まだ7歳なのに…
なんでフラットが…
どうして?そんな事を思っていた。

シャンプーしたよ

この湿気と暑さでとっても獣臭を漂わせていたviviさん

パパにお風呂にいれてもらったよ。



それからとっても生意気そうなこのお顔



ふわふわサラサラになったよ

バテバテ

ここ数日物凄い湿度で、ジメジメ

ストライクゾーンの狭いVIVIさん、すっかりバテバテです。

昨夜も暑くてあまり眠れなかったみたい
でも今日の昼間はイビキをかいて寝ていたので夕方涼しくなったところでお買い物がてらパパと一緒にお散歩へ。

でもね…やっぱり暑かったらしく





帰ってきたらグッタリ
ん~、帰りは抱っこするべきだったかも

でも夜ご飯はしっかり食べたから大丈夫だね。

でも今日の夜はきちんと寝れるようにクーラー入れるかな 。
私的にはまだ早いんだけど身体の小さいviviさん、熱中症が怖いもんね

ちょっぴり減量

自分での調整が良かったのかは分からないけど、少し体重が減りました

1.84キロ

約2週間で600g減っているからviviにしたらかなりだよね。




しかし調整してくれるのはいいけど…減りすぎても調整は続くからそこの見極めが難しいママなのよね

調整?

先月末薬を貰いに病院に行った時に測った体重…
1.9キロ

7年間で初めて見る数字ですよ

ちょっといやかなりビックリしたんだけど、主治医は問題ないって。

いや~でもこの未知の領域はどうなの?
足への負担は?
だって一気に増えた気がするんですよ

考えられる原因は最近キチンと朝ご飯を食べていた事。
当たり前の事なんだけどviviさんにとっては当たり前じゃないんだよね…

ここで難しい彼女のご飯調整
食べる食べないが紙一重なのよ。
悩みつつあげていたら


このまままた朝食べない日が続くのかと思いきや翌日からは食べた。

そして今朝、







何度も確かめに来ては食べず…
自分で調整中か

なんて食べるのを待ってこの記事を書いていたら



食べ出しましたこの間約15分



で結局お残し…
やはり自分で調整中なのかな

フラット闘病記④

平成23年6月6日月曜日
病気発覚2日目。

朝起きてフラットがいない朝…
フラットがいない違和感。
突然の事に思考停止状態のままだ。
フラットは病院で眠れただろうか…

午後からフラットの面会へ。
今日は月曜日、主治医はお休みだ。
以前よく診察してくれていた先生が説明してくれた。

朝一で主治医も様子を見に来てくれていたと聞いた。嬉しかった。

熱は38度台に回復。
食事も昨夜私達が夕方の面会後に出された量の半分を食べたとのこと。
今朝も半分。

良かった…
すぐには食べれないかもとも聞いていた。食事が摂れない場合は点滴で栄養補給をしますといわれていたから。

さすが食いしん坊フラットだ。
少ないとはいえ食事をするくらいまで回復している。
大丈夫!フラットは帰ってくる。だから今日も窓越しの面会で我慢。

前日は説明を聞いたものの、途中から全くと言っていいほど先生の言葉は頭に入ってこなかったので、きちんと理解するために再度今のフラットの状態を説明してもらった。

図を使いながら丁寧に説明してくれた…

ちゃんと聞いて理解しなきゃという思いがあるものの…嘘だ、信じたくないという気持ちが湧き上がる。

入院中少しでも不安が和らぐように、自宅で使っている敷物を持ってきていいか聞いたら、大丈夫だとのことだった。

明日、持ってこよう。

地震



毎回同じ様な寝姿ですが…使い回しではないです

この格好で気持ち良くイビキまでかいて寝ていたviviさん。

お昼少し前の地震で飛び起きました

そんなに大きくない地震ではそのままグースカ寝ているviviなんだけどね。

今回、最初にドン!ときた時はそのまま寝ていたけど、数秒後のガタガタと大きな揺れの時に飛び起きたので、呼んだらすぐに抱っこ~と寄ってきたわ。

今はまだ少し不安なのかクレートの中で寝ています。

ペット保険

ふぅちゃんが旅立ってから、ずっと考えていました。
基本、ウチのパパ保険は必要ないという考え方です。
病気になって治療費が払えないならワンコを飼っている事自体が間違いという考えの持ち主だから。
基本的に私もこの考え方に賛成なんです。でも揺れ動く事もしばしば
資料を取寄せ検討しパパに相談。その度に返り討ちにあい(笑)加入する事はなかったの。
まあその分少しずつ保険に加入したつもりで積立はしていたんだけどね。

だからフラットの病気が発覚した時はもちろん未加入。でも治療代がどれだけかかろうと治療するって決めていた。
どの位かかったのかはまた闘病記で書いていこうと思ってます。
ただぶっちゃけ積立ていた分はあっという間でした


で、このフラットの闘病生活を経て、考えが変わりました。
今回はパパも自分としては必要ないという持論は変わらないものの、私が入りたいと言ったら私の意思を尊重してくれた。

それでもやはり気持ちは揺れ動き決断出来ないまま半年以上が過ぎちゃった…
だって病気になることを願っているというか決めつけているみたいに感じちゃって。
でも今、vivi7歳はフラットの病気が発覚した年齢でもある…

主治医にも相談しました。
「以前なら積み立てておいて下さい。って言ってました。でも今は、高度医療が出来る様になってお金がかかるのも事実なのでどちらかとは…飼い主さんの判断になります。」
みたいな事を言われたと思います。
何せ相談したのが去年の話なんで

で、悩んで、悩んで加入しました。
ペット保険

人間と一緒で年を重ねれば病気になる可能性も高くなるからね。
使わずに済む事を祈ろう
そして、パパに
「ほら、見たことか!」と呆れられよう

プロフィール

プロフィール

プロフィール
とと 2014年4月9日生
パパがポメラニアン
ママがトイプードルのMIXです
管理人

Rie

Author:Rie
気弱な兄ちゃんフラットと超が付じゃじゃ馬VIVI、でも2ワンとも臆病者。
そんな2ワンを溺愛中☆のママ。

 
以前のブログはコチラ
 我が家の凸凹コンビ

ランキングに参加中
最近のコメント
データ取得中...
ホームページ LINK
こちらのリンクではHPをまとめてみました。
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我が家のお気に入り商品

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。