スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のvivi

コメントをくれた皆様お返事できないままですがお許しください。
まだまだリハビリは進行中です。
それでも前回の記事で書いたようにだいぶ余裕も出てきました。
また少しずつVIVIの事をUPしていこうと思っているのでよろしくです


前回の記事で少しふれたけどVIVIもこの2カ月は異変を感じつつ生活していたんだろうと思う。
我が家に来た時から当たり前だけどフラットがいて1ワンになることなどトリミングの時と単独での病院のみ。
その事実をどうVIVIなりに消化したのか・・・

おもちゃ遊びはほとんどしなくなったままです。
抱っこといい子いい子して~~の要求が増えたかな。

ずっとカイカイの薬を飲んでいるVIVI。
薬が無くなり病院に行くのは辛いけど薬貰って来なくっちゃね~とフラットが虹の橋を渡って1週間後、
頑張って行ってきたのに・・・フィラリアの薬を貰い忘れさらに1週間後にもう一度病院へ
これが9月22日。

この時、身体チェックをしていた先生が肋骨のあたりにシコリらしきものをを発見
まだまだリハビリ中の私の頭にはその言葉の意味を理解するには時間がかかっちゃいました。
およそ3ミリ程度。元々皮膚も薄く弱いVIVIなので先生もあらゆる可能性を話してくださり、シコリ自体がちいさすぎるので様子を見ましょうって。
家に戻ってからはこの上VIVIまでも?って思ったらプチパニックにもなったり。
やっぱり次回の診察の時にきちんと調べてもらおうと決意をし様子をみていたら1週間後シコリらしきものが無くなりました。
良かった^^

でもその後も・・・
顎の下のプチッ。大きいなって気になり病院へ。
これはひげの毛根が盛り上がっている物だった
次はたまたま撫でていて指に触れた首のコリコリ。
こちらはリンパ腺がちょっと腫れているけど許容範囲だそうです。

ちょっと吐いたりはしていたんだけど原因が分かってたので気にせず、咳だと思っていなかったけど咳だと指摘されましたそのせいでリンパ腺が頑張って働いてるそうです。

次はブラッシングしていて見つけた左の前足の湿疹と言うには大きいポッチ。
これは表皮のう胞だそうです。人で言うとニキビや吹き出物に近いとの事。
舐めやすい場所にある事とちょっと大きいので中の内容物を出すことに。



こちら処置してもらった後です。潰してもまた出来ることが多く大きくなるようだったら外科的処置で取った方がいいとの事。でもその際は全身麻酔での手術になるとの事出来ればそれは避けたいな…

9月の後半から10月末までに気になってこれだけ病院に駆け込んでます
すっかりフラットの事でいろんな事に臆病になってしまっているなって思う。

駆け込む度に付き合わされる主治医。フラットも診てもらっていたんだけど毎回丁寧に診てくださり、疑問には何度でも答えてくれるのでホントありがたいな~~と感謝しています。

そうそう伸ばし始めたコートですがずいぶんと伸びてきたよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロフィール

プロフィール
とと 2014年4月9日生
パパがポメラニアン
ママがトイプードルのMIXです
管理人

Rie

Author:Rie
気弱な兄ちゃんフラットと超が付じゃじゃ馬VIVI、でも2ワンとも臆病者。
そんな2ワンを溺愛中☆のママ。

 
以前のブログはコチラ
 我が家の凸凹コンビ

ランキングに参加中
最近のコメント
データ取得中...
ホームページ LINK
こちらのリンクではHPをまとめてみました。
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我が家のお気に入り商品

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。