スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月命日とフラット闘病記34

おかえり~ふぅちゃん。
今月はまた派手に帰ってきたね(笑)
まあふぅちゃんらしくていいか(≧∇≦)

今日は寒いんだよ。
冬が近づいてくるとふぅちゃんの温かさ、温もりが恋しいT^T
やっと闘病記の続きが書けそうだよ。
でもね~、もう辛くなる一方だから一回書くごとに書けないかも(>_<)

ととはね~日に日にヤンチャ度が増して行ってるよσ(^_^;)
ととを教育しながらふぅちゃんはこうだったな~って思い出してるよ(^_^)b


****************


8月3日
病気発覚64日目

31日の診察で腫瘍の大きさが限界と言われた所に達したのを聞いてから、いつフラットの心臓が止まるかと不安でたまらない…
普段が今までと変わらない分極力考えない様にしているから平静を保っていられるのに…
突然倒れたら私は耐えられるのだろうか…?



平成23年8月5日
病気発覚66日目

2ヶ月が経った今日、不安な気持ちは当たってしまった。
怖くて口に出せなかったのに…

通院日
腫瘍はさらに大きくなっていた。
転移と見られるものがチラホラ
検査を何回かにわけてした。
入院させるかと先生はいったけど、病院が嫌いなフラットを入院させる気は無い。
肝臓も脾臓もうっ血して腫れている

一通りの検査の後に血液検査もしてもらった。
嫌いな病院に長居をさせてしまった。

いつも抱っこして待っているんだけど、途中フラットの様子が変わった。
力が抜けたというか反応が少し鈍いというか。
うまく言えないが明らかに違っていた。

結果が出るのに時間がかかるから外に出て気分転換をさせる事に。
地面に下ろしてもただボーッと立っているだけ。
名前を読んでも顔が少し動く程度。
私も座ってフラットと同じ目線でフラットをみていた。

怖かった。
結果が出て待合室にいなかったから先生が外まで呼びに来てくれた。
待っている間の変化を話し、少しの間先生もフラットを観察。

腫瘍は5センチ弱になっていた。
ザクロのような腫瘍はボロボロと崩れそのかけらが血管を通りあちこちに転移する。
赤血球、血小板共に減少していて血が止まりにくく作りづらい状況にある。

肝臓、脾臓の腫れから腹部の張りが出ている。
腫瘍の大きさから心臓への圧迫もかなりありフラットにはきつい状況だ。

なんで血液検査を頼んだのだろう…
嫌いな病院に長くいる事がフラットにはストレスなのに…
私の不安を取り除きたいための血液検査。
結果それはフラットには苦痛でしかないのに…
フラットは十分に頑張っていてくれてるのに…

自分の情けなさに涙かあふれ、
フラットを失う恐怖を耐えられるのかと泣きながら自問自答しながら帰ってきた。
フラットの前では泣かないと決めたはずだったのにどうする事もできなかった…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロフィール

プロフィール
とと 2014年4月9日生
パパがポメラニアン
ママがトイプードルのMIXです
管理人

Rie

Author:Rie
気弱な兄ちゃんフラットと超が付じゃじゃ馬VIVI、でも2ワンとも臆病者。
そんな2ワンを溺愛中☆のママ。

 
以前のブログはコチラ
 我が家の凸凹コンビ

ランキングに参加中
最近のコメント
データ取得中...
ホームページ LINK
こちらのリンクではHPをまとめてみました。
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我が家のお気に入り商品

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。