スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット闘病39

平成23年8月24日
病気発覚85日目


1回の食事に30分。
それも騙し騙しで薬を飲ませている時間。
ご飯自体は半分しか食べれていない。

夜もなかなか寝れないみたいだ。
足元も危なくなってきてフラフラしている。

夕方たて続けに2回吐く。
お昼のご飯が消化されずにそのままで出来ている。

どうしても飲ませなきゃならない薬があるのだが吐いた直後だから様子見だ。

食べれていないのに内蔵の肥大化で1週間で体重が600gも増えてしまった。

この急激な増加のせいなのか足にもきていたので自分では体を支えられなくなってトイレも間に合わない。
どこでしてもいいように床のラグは外し拭けばいいようにした。
抱っこが大好きだったのにパンパンに膨れたおなかのせいで圧迫され苦しいから抱っこも嫌がるようになった。

夜、具合が急激に悪化。自分で立つこともできなくなる。吐き気もある。
病院へと車を走らせる。

低体温と吐き気。
繰り返し吐いた事でどこか出血して血圧が急速に下がったのではないかとの事。

薬を飲む事ができないという事で入院させた方がいいと宿直の先生に言われ、病院嫌いのフラットのストレスはとかいろいろ考えかなり迷ったが、パパも預けた方がいいだろうと言うのでお願いして帰宅。

しかし病院から帰ってきて車を降りた瞬間全く動く事が出来なくなった。

フラットを病院へ置いてきてしまったのが良かったのか

本当にこれでよかったのか……
最悪の自体も考えられる。
いつも主治医はいつ何が起こってもおかしくないからと言っていた事が頭をよぎる……
どうしよう……

そう思ったら頭では家に入らなければとわかっているのに足は全く動かない。
動かそうと意識しても足が重く動く事ができない。

どれくらいの間駐車場にいたんだろう。
フラットが私のそばにいない。
耐えられる?
そんな事ばかり考えていた。
どれ位時間が経ったのかもしかしたらたいして経っていなかったのかもしれない。
鉛の様に重くなった足を一歩ずつなんとか進め家に入り落ち着かない夜を過ごした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プロフィール

プロフィール
とと 2014年4月9日生
パパがポメラニアン
ママがトイプードルのMIXです
管理人

Rie

Author:Rie
気弱な兄ちゃんフラットと超が付じゃじゃ馬VIVI、でも2ワンとも臆病者。
そんな2ワンを溺愛中☆のママ。

 
以前のブログはコチラ
 我が家の凸凹コンビ

ランキングに参加中
最近のコメント
データ取得中...
ホームページ LINK
こちらのリンクではHPをまとめてみました。
カウンター
カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

我が家のお気に入り商品

ブログ内検索
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。